外貨商品の人気の秘密
外貨預金についてまとめました。
Menu

外貨商品の中で、もっとも馴染みやすいのが外貨預金です。円預金は、給料振込や公共料金の払い込みなどで普段使用していますが、外貨預金は外貨両替を行ったドルやユーロで預金する商品です。外貨の種類は各銀行によってさまざまですが、代表的な通貨はドル、ユーロ、ポンド、オーストラリアドルなどがあります。人気のある通貨は信用力が高く、情報が集めやすいドルやユーロとなっています。特にドルは、世界の基軸通貨といわれており、政治・経済の最も安定した国の通貨として、国際的に価値が認められているため保有していても安心感があります。最近ではユーロの人気も高まっており、欧州で国境を超えて通用するお金として設計された単一通貨です。現在、ベルギー、ドイツ、スペイン、フランス、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、オーストリア、ポルトガル、フインランド、ギリシャの12カ国で利用されています。これまで、石油を買う際にはドルでの支払いしか認められていませんでしたが、近年ではユーロでの決済も可能となり、国際的な信用力も高まっています。

外貨預金によって得られる収益は二種類あり、一つ目は円預金と同様に元本につく利息です。外貨預金は日本の預金に比べて総じて高金利となっており、円預金では得られない高金利を事受できます。二つ目の収益が為替差益です。解約時に為替相場が円安に動いている場合、為替差益が発生し利益は拡大されます。しかし、反対に為替相場が円高に動けば為替差損が発生し、場合によっては元本割れになる可能性もあるようです。外貨預金を行う際は、格付けの高い信用力のある銀行を選ぶことが大切です。