外貨商品の人気の秘密
外貨預金についてまとめました。
Menu

それでは、外貨建てMMFのメリットとデメリットをそれぞれ確認してみましょう。

はじめにメリットとしては、どの通貨でも外貨建てMMFの金利は外貨定期預金の金利より高い傾向にあることです。また、為替手数料も外貨預金以下です。そして、外貨定期預金とは異なり、外貨建てMMFは、いつでも好きなときに、ペナルティなしで解約ができるため、短期投資にも長期投資にも利用できます。さらには、為替変動で得た為替差益に税金がかからない点や、円以外の外貨建て資産を持つことで分散投資効果が得られことも魅力的です。投資信託であるため元本保証はありませんが、預け入れ金融機関の資産とは別保管で管理されるため、金融機関の財務状況の影響を受けず保護されます。証券会社で購入した場合には、投資者保護基金の対象にもなります。これらが外貨建てMMFのメリットといえるでしょう。

続いては、デメリットについてです。はじめに、解約時に円高に動いていれば為替差損が発生することです。外貨建てMMFも為替相場の変動の影響を受けるため、為替が円安に動いていれば為替差益が得られますが、円高に動いていれば為替差損が発生します。また、通常外貨建てMMFは投資金を外貨のまま受け取ることができないため、海外旅行や移住を考えて外貨建て資産を持つ場合は、外貨のまま受け取れる外貨預金や外国為替証拠金取引を選ぶ必要があります。そして、外貨建てMMFは外貨預金と異なり、外貨ベースでの元本は保証されていないため、運用次第で利回りは変動します。しかしながら、外貨建てMMFは高格付けの公社債に分散投資しているため、運用による元本割れの可能性は極めて低いといえるでしょう。格付けのついた信用力のあるMMFも多く存在するため、投資時の参考にするとよいでしょう。