外貨商品の人気の秘密
外貨預金についてまとめました。
Menu

「国債」は国が発行する債券で、国が元本の保証をしてくれる安全な投資先として人気を集めています。購入最低金額も1万円からと手軽に購入できる点も大変魅力的です。では、国債に投資する資産運用であれば安泰なのでしょうか。一企業ではなく、国が元本を補償してくれるのですから、国債が非常に安定感のある商品であることは確かでしょう。しかし、国の財政が破綻するとどうなるのでしょうか。国債を買うことは、国にお金を貸すことと同様です。現在、日本の政府は莫大な借金を抱えており、有名な格付け会社は日本の借金返済能力を疑問視し、ここ数年で日本の国債の格付けを大幅に下げました。米国、イギリスなどのG7(先進7カ国)の中では最低の格付けとなっています。国といえども、経済が破綻すれば投資家のお金を返すことはできなくなるため、国債が紙くずになる可能性もゼロではないのです。

可能であれば、国債ばかりに投資するのではなくリスクを分散した方が資産のバランスはよくなります。日本にもしものことがあっても、外貨建ての資産を一部持っておけば資産の一部は守られるでしょう。ドル建ての米国債やユーロ建ての欧州各国の国債は、日本の国債より格付けは上になります。銀行や証券会社では、こういった信用のある国債に投資するMMF・投資信託も販売されており、円建ての金融商品に比べて、資産を大きく殖やせる可能性があります。しかし、注意しなければならないのは、外貨建ての金融商品は為替の影響を受けるということです。為替の変動によっては、元本を割り込む可能性があるため、自分が許容できるリスクの範囲を確かめてから購入することが投資成功のコツです。