外貨商品の人気の秘密
外貨預金についてまとめました。
Menu

外国為替市場では、東京やロンドン、ニューヨークの三大市場を中心に24時間休むことなく取引が行われています。外国為替市場は、115000億ドルもの取引量を誇る、世界最大の金融マーケットです。これまでは、外国為替取引は銀行に独占されていましたが、金融ビッグパンにともなう外為法改正により、個人でも取引が可能となりました。個人が直接インターバンク市場に注文を出すことは難しいですが、外国為替の取次業者を介することで、リアルタイムで動くインターバンク市場の為替レートで外貨の取引が可能になります。個人とインターバンク市場を結びつける商品が外国為替証拠金取引であり、低コスト・小額資金で取引に参加できるため金融ビッグパンの象徴的な商品といわれています。

外国為替証拠金取引のファーストステップは、まずインターバンク市場と私たちを繋ぐ取次業者を選定することです。外為法改正で外国為替取引が自由化されたことで、外国為替証拠金取引の取り扱い業者も急激に数を増やしており、その数は100社を超えるといわれています。しかしながら、外国為替証拠金取引に関するサービスを監督する省庁は存在せず、法規制もまだありません。最近では、モラルに欠ける会社が問題を起こすという事件も表面化してきているため、良い業者を選ぶためにはどんな点に注意すればいいのでしょうか。

いくつかポイントを確認していきましょう。はじめに、お金の管理がずさんな業者は絶対に選ばないようにすることです。注目すべきは、資金の流れがどのようになっているのかをオープンにしているかどうかという点です。預けられた投資家のお金がどうやって保管されるのか、ホームページやパンフレット等でしっかり説明していない業者を信用してはいけません。次に、会社に資本金は十分にあるかということです。上場しているから、規模が大きいからという理由で業者を決めるのではなく、資本金の額を見ることで信頼できる業者かどうかを計りましょう。その他、情報はディスクローズされているか、外国為替専門の業者であるか、取引条件は適正であるか等も着目すべき重要な点でしょう。